親知らずは抜くべきか

MENU

親知らずは抜くべきか

成人を迎えた皆さんの中には親知らずが生えてきたせいで
口内環境が変わってしまったという人もいることでしょう。
親知らずといえば抜かなくてはいけないというイメージを抱きがちですが、
実際には抜かずに済ませるというケースも見られます。
今回は歯科治療における親知らずについて詳しく見ていきましょう。

 

親知らずとは永久歯の中で最も遅い時期に生えてくる歯のことをいいます。
一般的に奥歯と呼ばれる、顎の一番奥にある歯のさらに奥に生えてくる光景がよく見られます。
もともと親知らずは必要な歯として生えてくるものなのですが、
現代は食生活の変化によって顎が小さい人も増えています。
そのせいで一番奥に生えてくる歯が曲がっていたり、他の歯の邪魔をする形で生えたりすることもあるのです。

 

親知らずを抜くのは、口内環境に悪影響を与えている場合です。
湾曲しているせいで歯磨きが上手くいかず、虫歯の温床となっているケースでは
まず親知らずを抜いてから虫歯治療をするというのが通例です。
虫歯だけでなく歯周病の発生源となっていることもあるので、歯科医師は親知らずを抜くという治療を選択します。

 

これ以外にも、インプラントなどの義歯を嵌める際に、
歯列に悪影響が出ているという場合も親知らずを抜くことになるのです。
反対に、噛み合わせに問題がなく、なおかつ生え方として
他の歯と遜色がない場合には生えたままにしていることも少なくありません。
親知らずイコール身体に悪いものというわけではないので、勘違いせずに覚えておきましょう。
親知らずに関して違和感がある場合は歯科医院で治療を受けたうえで、抜くかどうかを決定しましょう。

 

関連ページ

歯科におけるレーザー治療
歯科におけるレーザー治療
歯科医院で噛み合わせを治す
歯科医院で噛み合わせを治す
インビザラインとは
インビザラインとは
審美歯科の目的とは
審美歯科の目的とは
ラミネートべニアとは
ラミネートべニアとは
歯茎のピーリング治療
歯茎のピーリング治療
歯科治療と歯の神経
歯科治療と歯の神経