歯科におけるレーザー治療

MENU

歯科におけるレーザー治療

歯科での治療というと、歯を削ったり抜いたりといった痛みを伴うものを想像している方がほとんどだと思います。
確かにそういった治療は今までの歯科治療でよく見られましたが、
最近では痛みが少ない治療方法が研究されているのです。
今回はそういった治療の最前線として注目を集めているレーザー治療について詳しく見ていきましょう。

 

歯科治療におけるレーザーは虫歯などの治療において活躍しています。
虫歯の治療として効果的なのは、虫歯菌によって侵された部位を取り除くというものです。
そのために歯を削るなどといった処置が行われるのですが、
レーザー治療ではこの過程をレーザーに任せることで痛みや不快感を減少させることが可能なのです。

 

具体的な原理としては、レーザーの波長を調節して虫歯の箇所だけ除去するというものです。
虫歯菌に侵されている部位は他の部位よりも水分を多く含んでおり、
そういった箇所にだけ反応するレーザーを当てて虫歯を取り除きます。
また、レーザーを当てる治療は非常に細かな箇所にあてることが可能であるばかりか、
歯茎を出血させてしまうというリスクも比較的少ないことがわかっています。
歯科治療における麻酔が苦手という人もいることでしょう。
レーザー治療に興味があるならこちらのサイトがオススメです。

 

麻酔が刺さるときの不快感のせいで歯科医院から足が遠のいているという話をよく聞きます。
レーザー治療は痛みが少ないことから麻酔の量を減らす、
もしくは麻酔なしでの治療を受けるという選択肢も提示されることがあるのです。
比較的軽度の虫歯に飲み導入出来るという点や、
他の虫歯治療よりも時間がかかるといった点を知っておくとレーザー治療を受けるときの基準として役立つことでしょう。

関連ページ

歯科医院で噛み合わせを治す
歯科医院で噛み合わせを治す
インビザラインとは
インビザラインとは
審美歯科の目的とは
審美歯科の目的とは
ラミネートべニアとは
ラミネートべニアとは
親知らずは抜くべきか
親知らずは抜くべきか
歯茎のピーリング治療
歯茎のピーリング治療
歯科治療と歯の神経
歯科治療と歯の神経