歯石の発生原因と予防法

MENU

歯石の発生原因と予防法

歯科医院を定期的に受診するようにすすめられるのは、
はやめに虫歯や歯周病といった歯や歯茎のトラブルを発見して
早期治療するのが目的だけではありません。

 

歯石を定期的に除去してもらった方がいいからです。
歯石とは虫歯や歯周病の原因となるプラークが歯の上に付着して
石のように固まってしまった物です。

 

一度歯石ができてしまうと、
それは普通の歯磨きでは落とすことができなくなってしまいますので歯科院にて取ってもらいます。
この歯石をそのまま放置しておくと歯や歯茎のトラブルが起こりやすくなってしまいます。

 

歯石で虫歯や歯茎が隠れてしまうので、虫歯が発見しづらくなってしまいます。
歯の表面にできてしまった歯石から、
歯や歯茎にプラークが侵入してしまってそこで虫歯や歯周病が起こりやすくなってしまいます。

 

歯石があると歯や歯茎を見てもその下の状態が確認できないため、
正確に歯や歯茎の健康状態を調べることが難しくなります。

 

そのため歯科医院を受診してあまりにも歯石が多くつきすぎていると、
最初に歯石の除去を行ってから、歯や歯茎の健康状態をチェックすることもあります。

 

歯石がつかないようにするためには、日ごろのブラッシングに力をいれることです。
特に歯と歯の間は食べかすが残りやすくなってしまうため、
フロスなどを使って丁寧に汚れを落とすようにしましょう。

 

またそれでも完全に歯石を除去することは難しいので、
歯科医院へ3から6ヶ月の間隔で通って、
歯石を除去してもらうことが歯と歯茎の健康を保つことにつながります。