歯茎のピーリング治療

MENU

歯茎のピーリング治療

歯茎ピーリングという治療法をご存知でしょうか。
食べ物や喫煙などの生活習慣、歯茎の病気などの影響で歯茎が黒ずんでいると、
見た目も汚く清潔感も感じられません。
黒ずんでしまった歯茎の治療として歯茎ピーリングがあるのです。
よくエステや美容皮膚科にてピーリングメニューが施されています。
ピーリングとは薬剤を用いて古い角質を剥がすことによって、
新しい角質の生まれ変わりを助けて美肌効果を引き出すのです。
歯茎ピーリングも同じことです。歯茎の黒ずんでいる部分の角質を落として、
新しい角質の生まれ変わりを促進してピンク色の歯茎を取り戻すのです。
歯茎ピーリングの施術の流れを簡単にご紹介します。
まず最初にいきなり施術に入るのではなく、
カウンセリングを受けてどのような歯茎の色が理想なのかをよく患者さんに聞いてから、施術を行うようにします。
ピーリングの薬剤をつけると歯茎がかなりしみて痛みを感じますので、表面麻酔をかけます。
麻酔が効いてきたら、歯茎に薬剤を塗布して歯茎の表面をきれいにふき取っていきます。
塗布後しばらく時間を置きます。
麻酔をかけているのですがそれでも歯の表面にピリピリとした刺激を感じる方もいます。

どうしても我慢できないときは担当の医師に相談しましょう。
その後薬剤をきれいにふき取ってから、施術は終了です。
ピーリング直後の歯茎はかなり白くなっていて、
理想としていたピンクの歯茎とは違うと感じるかもしれませんが、
数日でピンク色の歯茎に近づいていきますので安心してください。