口臭の発生原因と予防について

MENU

口臭の発生原因と予防について

自分では気が付きにくい口の臭いですが、
これがきついと周りの人に大変不快な思いをさせてしまいます。

 

口臭の度合いを測定する機械もありますので、
それらを利用して口臭の有無をチェックするようにしましょう。

 

口臭の原因はいろいろ考えられます。
口の中が原因で発生することもありすし、
胃腸などの内蔵系の疾患が原因で発生することもあります。

 

口臭を指摘されたら、
まずは歯科医院を受診して口の中が原因かどうか調べてもらいましょう。
気軽になんでも相談できる歯医者としてはこちらがおすすめです。

 

口の中から臭いが発生してくる原因として考えられるのが虫歯です。
虫歯が進行してしまうと、
段々と強い臭いを発するようになってしまうため早めに治療するのが望ましいです。

 

虫歯を治療してもらって臭いが収まれば、それで口臭が発生しなくなりますが、
今後も口臭が起こらないようにするために、定期的に歯科医院を受診することをおすすめします。

 

他にも歯周病がすすむと口臭が酷くなることがあります。
このように歯や歯茎のトラブルが原因で強い臭いが発生してしまうことがあります。

 

口臭をきつくしないためにも、
歯や歯茎のトラブルは早めに改善しておくことが口臭対策につながります。

 

また舌から臭いが発生することもあります。
それは口臭の原因が舌に存在するバクテリアから発せられるからです。

 

そこで舌から発せられる臭いを撃退するためには、
舌も歯磨きのときに磨くのが有効な対策になります。
口臭はバイキンが働くことで起こりますから、それを殺菌する効果のある、
洗口液を使用するのもおすすめです。